赤ちゃんにつける名前に悩んでいる人が見るべきサイト

smiling young entrepreneur working on laptop

これだけは意識しよう

a girl is calling

実際に名前を考える際に、絶対に考えてほしいのがずばり「あとでこどもに堂々と説明できるような名前」にすることです。つまり適当に決めてしまったり、こどもにはちょっと言えないような理由で名前をつけてしまうことは間違いなく親子関係に亀裂を生じさせてしまうでしょう。ではそれを踏まえた上でどのような名前がもっともベストなのか?今回はこれから赤ちゃんを授かる人のために、いくつか頭に置いておいてほしいポイントを紹介したいと思います。まずひとつめが「将来誰かにいじめられたりするような名前にならないかどうか」です。こどもの社会においては特にしょうもないようなことで大きないじめに発展するようなことが多々あります。いまだにいじめは社会的にも問題になっていますので、あなたの大事な赤ちゃんが将来いじめに会うことがないように、いじられないような名前をつけてあげましょう。特にキラキラネームと呼ばれるようなものはいじられやすい典型的なものが多いので注意してほしいと思います。そして次に「マイナスイメージを植え付けるような漢字が含まれていないか」。これは非常に重要です。たとえ常用漢字の範囲内だとしても、赤ちゃんのイメージを下げるような意味を持つ漢字はやめておくべきでしょう。もし何か使いたい漢字があるのであれば、その漢字が根本的にどのような意味をなしているのかを調べておいてください。そして最後に「親の趣味に偏りすぎていないかどうか」ということもすごく大切になってきます。趣味は人それぞれあると思いますので、できるだけあなたの趣味を赤ちゃんの名前に入れないようにしてください。あくまでも赤ちゃんの名前はあなたのものではなく、赤ちゃんのものです。